So-net無料ブログ作成
-| 2009年11月 |2009年12月 ブログトップ

2009年11月21日~22日 釣行記:いつもの堤防 [釣り]

茨城の海での堤防釣りの日記です。
主に鹿島で、たまに大洗とかに行きます。
アジ釣りメインで、冬はカニ獲りなど。
漁に出かけたら更新します。

と言うことで、前回の釣行記です。
------------------------------------------------------------------------------
日時:2009年11月21日(土曜):昼12時~22日(日曜):朝8時まで
場所:いつもの堤防
ねらい:アジ、ウミタナゴ、カレイ調査、泳がせ釣り
同行者:相棒(兄)

イメージ 1.jpg
ヒラメ:70cmです、私の釣果ではないですが...

昼の12時くらいに到着。
顔見知りの方に情報収集。
その方が食事にでかけたとたんにその人の竿にヒラメが...上のです。
タモを組み上げたところだったので、そばの人が巻き上げて相棒がタモ入れしました。
でかいです、タモが歯で切れました。

昼間は暖かく、日向ぼっこが気持ちよかったです。
投げ釣りは、小さいハゼ、メゴチ、イイダコくらいでした。
カレイはまだみたいです。
カニ、ふぐが多いです。
ハゼを泳がせましたが、カニに食われてしまいます。
ヒラメは来ませんでした。
イメージ 2.jpg

アジは明るいうちから釣れて暗くなると釣れなくなるとの情報でしたが、明るいうちはさっぱりでした。
アジが釣れそうもないのでウミタナゴ釣りを始めました。
実は私の目的はアジよりウミタナゴです。
結構いい引きをするのでおもしろいです。
暗くなってきてさっそくいいサイズのウミタナゴが釣れました。
さぁこれから、というところで突然サビキでアジが入れ食い状態に。
仕方がなくタナゴの仕掛けを上げてアジ釣りに参戦です。
ウミタナゴは堤防下にもぐってしまうため、置き釣りが出来ないのです。
結局アジは8時くらいまで釣れ続けました。
おかげでウミタナゴはあまり釣れませんでした。
地合が同じなので無理ですね。

8時くらいでアジが釣れなくなってきたので堤防後ろに置いたおいたウミタナゴ用の竿を取りに行くと水面に何か細長いのが泳いでます。
ヘッドランプで照らすとウスバハギでした。
サビキで引っかけようとしましたが無理そうなので、二本のタモで挟んで掬うのに成功しました。
上からウスバハギ、メバル、セイゴ、ウミタナゴです。
1389.JPG

8時をすぎるとウミタナゴとアジがたまに遊んでくれます。
ただ結構頻繁なので眠れません。
仕方がなく、忘れていたヒラメ用のハゼを回収し活きアジに交換。
棚を合わせようとしますが何故か沈んでいきません。
うんっ??と引っ張ってみると何かついているみたい。
結構引きますがタモが遠くに、相棒は車でお休み中(汗)。
異変に気づいた知り合いの方がタモ入れしてくれました。
セイゴ:45cmでした。

日が変わるとアジの方はたまに入れ食い状態になり忙しくなりました。
結局釣れ続け、夜が明けた後に小アジが鈴なり状態で釣れるのが10分くらいあって終了でした。
まだカンパチが釣れているとのことでアジを泳がせましたあたりすらなかったです。
1395.JPG
今回は、
アジ:200くらい(最大22cm、ほとんど~15cm以下)
ウスバハギ(タモで掬った)
メバル(20cm)
セイゴ(45cm)
ウミタナゴ(20cm以上をキープ):32匹
イイダコ:2匹
でした。

おまけ、
セイゴに飲まれたアジのしっぽ
1392.JPG

-|2009年11月 |2009年12月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。